天然素材の生活サポート|昔から愛される青汁の効果とは|飲むほど元気に
飲み物

昔から愛される青汁の効果とは|飲むほど元気に

天然素材の生活サポート

コップ

信頼し得る判断材料として

忙しい方は生活習慣が乱れがちとなり、食事も疎かになりがちです。そこでお勧めするのが、青汁大麦若葉です。青汁は他にもいくらか種類があり、良し悪しを比較できるのは困難です。ただ、一つ判断材料と成り得るのが大麦若葉の存在の有無でしょう。数ある青汁で大麦若葉を含む青汁はほとんどこれを主原料とするほど、青汁ではメジャーな存在で、実際に数多に渡る効果を期待できるのです。まず、血圧を正常なものに戻す役割、他にも眼精疲労や冷え性、むくみなどなど。これだけでは収まりきりませんが、その効果は多岐に渡り、栄養素と栄養素の相乗効果などもあって青汁の主軸となっている訳です。この素晴らしい効果をもたらす大麦若葉が入っている青汁となれば、期待できるのも必然でしょう。

栄養素以外での魅力の点

大麦若葉が青汁の主軸とされるほど魅力される点があるのは、その歴史からも分かります。世界的に古い植物で、栽培されていた中では最も古い植物の一つとも言われています。日本でも大麦若葉、要するに大麦は古来より主食とされていました。しかし、時代の流れと共に廃れていき、主食が白米へと変わると日本で脚気が広まっていきました。これは白米にはない、大麦にだけあるビタミンBが原因です。また、大麦にある性質に生命力の凄まじさがあります。栽培において、芽を何度も踏みつける麦踏みという過程があり、それでも尚育つ生命力を大麦、その若葉なのですから効用への期待は栄養素を説明するまでもないでしょう。また、ケールとくらべて飲みやすい傾向にあります。具体的には抹茶に近く、ケールと違って主食にされていた経緯が伺えます。